075-461-0886

住所〒602-8332
京都市上京区一条通千本西入ル烏丸町375

京都 上京区の小児科 はせがわ小児科

感染症情報

下のQRコードを読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧頂けます。

ホーム»  感染症情報

2019年7月1日現在

1) 手足口病
 京都府内では警報レベルの大流行になっています。今年は、高熱が先行し、ヘルパンギーナ様の咽頭の口内炎がみられ、やや遅れて手、足、臀部に発疹が出現します。よく言われるような手掌、足底の水疱が見られる例は少ないです。予後良好な疾患ですが時に急性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことが知られていれます。特異的な治療法はなく発疹に対しても外用薬は用いられません。唾液や便にふくまれるウイルスから口を介して感染します。予防には、手洗いが重要です。

 

2) リンゴ病(伝染性紅斑)
 伝染性紅斑は幼児、学童の小児を中心にみられる流行性の発疹性疾患です。典型例では両頬に蝶形紅斑が出現し、リンゴのように赤くなります。感染経路は通常は飛沫感染もしくは接触感染です。妊娠している方やその可能性のある方は、感染により胎児水腫や流産を起こす場合があります。 紅斑が生じる時期には感染力は無いと言われています。



 
3) その他の夏風邪
 手足口病以外に、ヘルパンギーナ、プール熱(アデノウイルス感染症)も増えています。いずれも特効薬はありません。まれに、水分摂取もできなくなり、入院が必要になることがあります。いずれも手洗いによる予防が重要です。
 


 

 

ページトップへ