075-461-0886

住所〒602-8332
京都市上京区一条通千本西入ル烏丸町375

京都 上京区の小児科 はせがわ小児科

感染症情報

下のQRコードを読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧頂けます。

ホーム»  感染症情報

2019年1月2日現在

1) インフルエンザ
 学校が冬休みに入る直前頃から、学童のインフルエンザ患者が増えてきました。冬休みの終了とともに流行期に入るものと予測されます。帰宅時のうがい、手洗いを忘れずに!人混みに出かけるときのマスク着用も重要です。

 

2) アデノウイルス感染症
 保育園ではインフルエンザ以外にアデノウイルスのカゼが依然として多くみられます。高熱が4-5日続くことも多く、結膜炎を伴うこともあります。夏かぜのはずなのですが、今年は今の時期でも流行は終息していません。特効薬はなく、解熱剤で対応するしかありません。


 
3) その他
 RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスによるカゼは多くはありませんが、常に患者がいます。高熱と喘息様の咳が特徴です。比較的年長児にはマイコプラズマ感染による、長引く発熱、咳が増えてきました。原因により、治療法が異なります。


 

 

ページトップへ